コミュニケーションは独りよがりにならない事

セフレサイトではメールを通じてお互いを知っていきます。対面とは違い、なかなか相手の顔色やニュアンスが伝わらないため、誤解をしてしまう事もあるでしょう。また気を付けないと怒っているとか冷たいとか思われてしまいます。

そのためメールでのコミュニケーションは独りよがりにならないように注意しなければいけません。例えば普段からメールでは絵文字も顔文字も一切使用しないで文章のみという人もいるでしょう。

友達などあなたの性格をよく理解してくれている人が相手であれば、文章のみのそっけないメールでも別に気になりません。しかしあなたの事をよく知らない相手がそのメールを受け取ると、自分が何か怒らせてしまったかなと不安になってしまうかもしれません。また相手の顔が見えないために、生身の人間である事を忘れてしまって、自分勝手な要求をしていませんか?

よくTwitterで炎上しているのを見かけますが、それだって面と向かってそんなひどい事を言える人はほとんどいません。相手の顔が見えないからこそ、自分匿名性もある程度守られているからこそ、平気で暴言を言ってしまえるわけです。ネットを介するという事は、そのような日常生活とは異なる心理が働くケースがあります。

その事を理解しておかないと、自分でも気づかないうちに相手の事を傷つけてしまう事があるでしょう。セフレサイトではネットを介しているとは言え、会う事を前提として知り合っているわけです。そのため日常生活と大差なく、相手の事を思いやり、気遣う事が大切だと言えます。